産み分けと膣洗浄

食事による産み分けと同様に、重曹水や酢水での膣洗浄も古くからある産み分け方法の一つです。

しかし最近では、ピンクゼリーやグリーンゼリーを使う方が一般的ですので、あまり行われていません。

それでは、それぞれがどのように産み分けに利用されていたのか説明いたします。

重曹は、ベーキングパウダーの名前で焼き菓子などを膨らませる膨張剤(ふくらし粉)として使われたり、最近では洗剤の代わりとして、掃除に利用されたりもしています。

重曹の成分は、弱アルカリ性ですので、男の子の産み分けの場合に水に溶かした重曹水を使って膣洗浄を行い、膣内をアルカリ性にするというものです。

酢水は、一般には食酢を水で薄めたものを使用して膣洗浄を行い、膣内を酸性にして女の子を産み分けるというものです。

しかし、食酢には様々な添加物が入っているので衛生上良くないとも言われています。

産婦人科で行われる場合は、低濃度の酢酸水が使われるようです。

これらのように、膣内をアルカリ性や酸性にするために膣洗浄は行われてきました。

しかし、それぞれを水や湯に溶かしただけの、サラサラの水ですから直ぐに流れ出てしまう為、効果は薄いとされています。

それに自分で行う場合は、水溶液の濃度や衛生面にも気をつける必要がありますので、あまりおすすめ出来る方法とはいえません。

どうしても試してみたい人は、産婦人科で詳しいやり方指導してもらうか、病院内で洗浄してもらうの方が良いと思います。