産み分けと体位の関係性

産み分けに使用する体位は、深く挿入できる体位と浅く挿入できる体位の2つの種類に分けられます。

これは産み分けの体位が、膣内の分泌液を利用してX精子とY精子を分けるという目的からです。

性別が決まる仕組み」などでも触れていますが、女性の膣内は通常酸性です。

そして、男の子となるY精子は酸性に弱いです。

ですから女の子を産み分ける場合、膣内の酸性分泌液を利用してY精子を減らすことで、その可能性が高まりますので、浅い挿入で精子を出し、なるべく膣

内の酸に精子を触れさせる事で、その量を減らします。

逆に男の子の産み分けの場合、X精子を膣内から早く子宮に移動させる事により、その減少を最小限に止める事が出来ます。

ですから、子宮に近いなるべく深く挿入した状態で精子を出す必要があります。

また、女性の膣内の酸性度はオルガスムスで中和される事も分かっていますので、男の子の産み分けの場合、女性が感じやすい体位を使用するのもポイントです。

この逆の女の子の産み分けの場合は、あまり女性が感じない体位ということになります。

以上のポイントに注意しながら、使用する体位を選べば産み分けに適した体位となりまので、無理に、慣れない体位に挑戦する必要は特にありません。

ご夫婦の相性などを考慮して、普段使用している体位の中から選べば良いと思います。

無理なく自然な形で、ストレス無くチャレンジする事が何よりも大切です。