中国式産み分けカレンダーは、今から約700年前(元の時代)の王家の墓から発見されたもので、下記の表は発見された時にコピーされたものということです。

原本は今でも北京の科学研究所で大切に保管されているそうです。

この中国式産み分けカレンダーは、現在では産み分け占いとして世界中で利用されており、産み分けを希望する夫婦にはとてもメジャーな物となっています。

気になる的中率ですが、日本のサイトでは、中国人99%・アジア人90%・アメリカ人85%と、よく掲載されていますが、海外サイトでは異なる数字が掲載されている場合もあるので、真相は分かりません。

中国式産み分けカレンダー

このカレンダーは、数え年と受胎月の2つから出来ており、その2つが重なるところで赤ちゃんの性別を占うことが出来ます。

ここで注意して頂きたいのが、これが約700年前のカレンダーだという事です。

今から約700年前の中国では、現在の太陽暦(グレゴリオ暦)ではなく、太陰太陽暦(旧暦)が使われていましたし、年齢の数え方は生れた年を1歳とする数え年が使われていました。

ですから、このカレンダーを正確に使う場合、数え年と旧暦を利用する必要があります。

※あくまでも占いですので、変換作業が面倒な場合は、実年齢や旧暦を使わずに数え年だけで占うなど、気軽に見る方法でも良いと思います。






数え年と旧暦の計算方法

数え年の計算方法

数え年は、生れた年を1歳とする計算方法で、以降は1月1日に1歳年を取る計算です。

例えば6月1日生れの人なら、1月1日から5月31日までは実年齢に2歳プラスし、6月1日から12月31日までは実年齢に1歳プラスする計算になります。

ですから、誕生日前の25歳の人なら、数え年では27歳で、誕生日を過ぎた25歳の人なら、数え年は26歳です。

太陰太陽暦(旧暦)の計算方法

太陰太陽暦(旧暦)は1年を354日としており、現在のグレゴリオ暦(太陽暦)と比べると1年で11日のずれがあります。

このずれは3年に1度、1ヶ月(閏月)を挿入して解消するのです。現在4年に1度ある閏年のようなものとお考え下さい。

このことから、この中国式産み分けカレンダーを太陽暦(現在の西暦)で利用するのと比べ最大で約1ヶ月の誤差が生じる場合があるという事になります。

しかし、西暦から旧暦の変換はとても複雑ですので、現在の旧暦を調べる場合は旧暦カレンダーを、過去の旧暦を調べる場合は旧暦計算機をご利用下さい。